有限会社 岩本建設

022-357-4658

 住まいのお役立ち情報ニュースレター

失敗しない家づくり!
『住まいの増改築・リフォーム。知らないと損をする3つの自己防衛策』
無料冊子をプレゼント!

冊子の内容を少し公開します。家づくりを考えている方がいたら是非、ご紹介ください。

はじめに

住宅をお考えの方は建築関連の雑誌や書籍などを購入し、勉強している方も多くいらっしゃることと思います。私も、建築という仕事に携わっている以上は、そうした書籍などは数多く読んでいます。しかし、どの書籍や雑誌を読んでみても書いてあるのは、同じようなことばかりです。

見積書は最低でも3社から取りましょう。
良心的な業者さんに工事をお願いすればほとんど心配いりません。
工事をした施工事例を見せてもらいましょう。

等々、実に当たり前のことばかりです。

「良心的な業者といっても、果たしてどうやって見つければいいのか?」 「専門用語が並んだ見積書を何社から取っても、工事内容がそれぞれ違うので判断できない。」などと、そう簡単にはいきませんよね?

お客様から聞いた悲惨な話

私がお客様から聞いた、住宅工事に関する悲惨は話しをご紹介します。決して他人事ではない、3つのエピソードをお伝えします

このような悲惨なトラブルも「鉄則」を守れば回避することが可能です。 また、正当な価格で工事をするためのノウハウも公開します。 まさに建築業界のマル秘情報を詰め込んだ、マル秘BOOKです。

この冊子を書くことにした理由

東北大震災を期に様々な業者が流入したからです。素晴らしい業者さんももちろんいます。悪徳業者に捕まってほしくないという気持ちで作成しました。

建築業界の常識、5つの間違い

この小冊子を書き始めようと思ってから、色々な建築雑誌や書籍を読みましたが、全部のことを鵜呑みにすると、お金をほとんどドブに捨てることになります!
これは重要ですから、覚えておいてください。

『リフォーム関連雑誌に書いてある通りにリフォームを進めると、ほとんどお金をドブに捨てることになる。』

それでは、5つの間違いをご紹介します。

  1. 【大手の業者に任せれば安心】
  2. 【リフォームでも、設計士に相談すれば間違いない】
  3. 【近隣の評判が良い業者を選べば間違いない】
  4. 【見積書は数社から取って比較検討すべきである】
  5. 【直接、専門業者に工事を依頼した方が安い】

『住まいの増改築・リフォーム。知らないと損をする3つの自己防衛策』

これを読むと下記のようなメリットがあります。

  1. お金をかけずに出来る。
  2. 良い業者さんと悪い業者さんが自然に区別できる。
  3. 業者の営業担当者に、真剣に対応してもらえるようになる。
  4. 業者に言いくるめられることがなくなる。
  5. 欠陥工事を未然に防ぐことが出来る。
  6. やらなくてもよい工事まで、余分に薦められることがなくなる。
  7. 良い業者さんに仕事を依頼するので万が一の時にも対応してもらえる。
  8. 相手が建築屋さんであれば、家の建て替えを検討する時にも、応用できる。

これらのメリットをたった、「3ステップ」で得ることができます。
また、3ステップ全てを実行しなくても、一つだけでも実行してもらえば効果が体感できると思います。

最後に、住宅業界の裏側をお話します・・・。

さて、私はこの住宅業界の裏話をするにあたって果たして公開していいものか?真剣に考えましたが、本気で良い家づくりをしたい!というお客様のために、住宅業界の裏側をお話しましょう。

●仕上げ工事よりも下地工事の方が重要

●逆柱(さかさばしら)

●ローコスト住宅とは?